「きまり字」を覚えよう

競技かるたでは、100枚の札を、「は」から始まる歌、「な」から始まる歌のように、はじめの文字でグループ分けすることがよくあります。

そして、グループに含まれる札の数によって、「3枚あるグループ」「6枚あるグループ」のように、さらに大きいグループに分けます。

グループに1枚しかない、つまり、その文字ではじまる札が1枚しかないものは100枚のうち7枚あり、この7枚は、「1字きまり」または「1枚札」と言うグループにします。

グループに2枚しかないものは、ぜんぶで5組あり、これは「2枚札」と言います。同じように、グループに3枚あるもの、4枚あるもの…と続きます。

じっさいに、どのようなグループ分けをしているかを見てみましょう。

  • 1字決まり…『むすめふさほせ』 7枚
  • 2枚札…『うつしもゆ』10枚(2枚が5グループ)
  • 3枚札…『いちひき』12枚(3枚が4グループ)
  • 4枚札…『はやよか』16枚(4枚が4グループ)
  • 5枚札…『み』5枚
  • 6枚札…『た、こ』12枚(6枚が2グループ)
  • 7枚札…『わ、お』14枚(7枚が2グループ)
  • 8枚札…『な』8枚
  • 16枚札…『あ』16枚

一番多いのが「あ」から始まる札で、全部で16枚あります。
競技かるたでは、このようなグループ分けを覚えて、全て言えるようになることもだいじです。

4枚札までの「むすめふさほせ」「うつしもゆ」「いちひき」「はやよか」までは、この言いかたで覚えます。あとは決まった順番はありませんが、「み・こた・おわ・な・あ」「み・たこ・わお・な・あ」のようにして覚えます。

グループごとの札のおぼえかた

グループにある札が少なければ、そのグループの札もすぐに言えるようになりますが、6枚、7枚となってくると、それらを覚えるために、またべつの言葉(ゴロ合わせ)を覚えます。

た…かちごまきれ

「た」で始まる札は、どれも2字きまりのため、2文字目をつなげた「かちごまきれ」を覚えれば、6枚のきまり字がすぐに覚えられます。

こ…ここれのぬひ

  • こころあ
  • こころに

はじめの「ここ」で、「こころあ」と「こころに」を表しています。あとは2字きまりなので、「た」と同じように、2文字目をつなげています。

わ…がすびた(がすたび)

  • のはらこ
  • のはらや

「わび」だけが1枚で、あとは2枚ずつを表しています。
大山札の「わたのはらこ」「わたのはらや」も、2文字目の「た」だけで表していることに注意しましょう。

お…おおくもとぐ(おおぐもとく)

  • おお
  • おほおお
  • あふおお

はじめの「おお」で、3枚を表し、あとは1枚ずつです。「あふこ」は、競技かるたでは、かならず「おおこ」と読みます。

な…にしにはつげが

  • にし

「にし」で1枚、「には」で2枚、「つ」で1枚、あとの「げ」「が」がそれぞれ2枚あります。
「にし」「には」の3枚は、覚えにくいかも知れませんが、みんなが覚えにくいものを、きちんと覚えられると、競技かるたでは有利になれます。

あ…はらきまりさしひけ

  • ぼらけあ
  • ぼらけう

最後の3文字「しひけ」は1枚ずつ、「はらきまり」は2枚ずつ、「さ」は3枚あります。そして「さ」の3枚のうち2枚は「あさぼらけ」までが同じ、つまり大山札です。

「あ」で始まる札は16枚もありますが、これも、きちんと覚えられれば、16枚もの札を早く取れるようになるということです。1字きまり全部をあわせても7枚で、それより9枚も多く取れるということです。

競技かるたのルールでは、得点の高い札というものはないので、1枚の好きな札だけをものすごく早く取れても、のこりの札を取られたら負けてしまいます。まずは、おぼえていない札や、苦手な札をなくすことが、上達の近道です。